瞳にうつるもの

ゲーム・漫画・アニメについて、レビューや考察などをしています。趣味を謳歌しているブログです。

【BLEACH】黒崎一護を主人公たらしめる圧倒的主人公補正3選【ブリーチ】

黒崎一護の主人公補正3選

主人公補正。

漫画やアニメにおいて、

「主人公だから起こる奇跡や恩恵」

 

当たり前といえば当たり前だが、主人公はピンチにならないと面白くないし、そのピンチで死んでしまってはストーリーが成り立たない。

 

そんな主人公補正は、BLEACHの主人公「黒崎一護」にも多々見られる。

今回は、個人的に3つ「これは主人公補正すごいな」と感じたものをBLEACHのコミックスの中から挙げてみる。

双極を斬月で止めた

これがなんと言っても1番真っ先に思いつく主人公補正満点のシーン。

 

処刑寸前のルキアを救出するため、斬月一本で双極の矛(鳥のような形状になっていた)を止めた黒崎一護。

あの矛には斬魄刀百万本もの威力がこもっているらしい。これをいとも簡単にガードしてしまったのだ。

 

さらに、ルキアを拘束していた磔架(たっか)まで破壊。

この磔架、千年決戦編にて、藍染惣右介の自由を塞ぐほどの威力を見せたあの白い椅子と同じ素材!

あの白い椅子は、BLEACH史上最強の道具のひとつである(笑)

 

おぞましい白い椅子の強さに関しては以前『藍染惣右介の白い椅子が最強すぎる件』という記事も書いたことがあるので良かったら覗いてみていただきたい 

この双極と対峙するシーンはルキアをついに救出できた名シーンなので、その分の代償?として物凄い主人公補正がかかっているといえるだろう。

ウルキオラ戦での覚醒

このシーンは、主人公補正ありきというか、主人公らしいシーン。

 

圧倒的力の差により、瀕死に追い込まれてからの覚醒。

打って変わって、圧倒的有利になりウルキオラをボコボコに…

 

自我を失って猛烈なパワーアップをする姿は、エヴァンゲリオンの覚醒シーンを彷彿とさせる。

色々な漫画でありますが、こういう主人公補正、こういう大逆転ってアツい🔥

 

 それにしてもあのシーン。

身を挺して闘った石田雨竜くんが倒れてるのに、一護も織姫も、死にゆくウルキオラしか眼中にない(笑)

かわいそーに…(´・ω・ `)

何度でも蘇る死神の力

そもそも、死神の力が無くなってしまってはBLEACHが成り立たなくなるので、もちろん死神の力復活のシーンは多くなるのは分かる。

 

しかし、最初のルキアからの死神の力の譲渡から合成三回の死神の力会得。

これは他の死神にはできない。じつに主人公らしい。

 

まず、朽木白哉に、霊力を司る部位(鎖結と魄睡・さけつ/はくすい)を破壊される。

→浦原喜助の特訓により虚化寸前にして死神の力復活。

 

これに関しては、同じような目にあった「一貫坂慈楼坊」さんは涙目(笑)

かまいたちの称号を自慢していた彼も、石田雨竜によって死神の力を失った。

今は平民として慎ましい生活をしている事だろう。


次に、藍染惣右介に「最後の月牙天衝」を放ち、死神の力消滅。

→銀城空吾との闘いの中、霊圧のこもった特殊な刀で死神の力復活。

 

「俺自身が月牙になる」

こんな事、他の死神にできるとはおもえない!?

 

「私自身が千本桜になる(ハラハラハラ)」とか言って朽木白哉が花弁になる展開や、「俺自身が氷輪丸だ!(ガオーー)」みたいな展開…

 

それはそれで、めっちゃ面白そう😂

ちょっと見てみたい気もする。絶対にカッコイイ✨

最後に

さて、とりあえずこれは主人公だなぁ!っていうシーン。3つ挙げてみました。

もちろんこれ以外にも主人公らしいシーンはあります。

 

というか、虚の力を有した死神で、しかも滅却師とのハーフという事自体が最高にして最強の主人公補正といえば主人公補正であることは言うまでもない(笑)

 

もちろん、「こんな無茶苦茶な展開は酷い!」という意味ではなく、あくまで「黒崎一護」という主人公を主人公たらしめるシーンを思い起こしてみた。というものでした。

 

ご覧いただきありがとうございましたヽ(*‘ω‘ *)/

Twitter・読者登録はこちら!👇