しえるの部屋

BLEACHの考察記事や、ゲームのレビューなどが中心のブログです。

【ブレソル】ザエルアポロ オリジナル形態で全裸になる【帰刃のその先へ・十刃・CFYOW】

ザエルアポロ、オリジナル形態で全裸になる

f:id:inociel:20190904182843j:plain

"画像はhttps://www.youtube.com/watch?v=nq291eEpXhAより引用"

 

こんにちは、しえるです。

BLEACHの十刃(エスパーダ)の中で、ウルキオラとザエルアポロの二人が大好きです。

 

スマホゲーム『BLEACH Brave Souls』(ブレソル)では、小説Can't Fear Your Own Worldコラボとして、オリジナル形態の十刃を作っています。

 

その『帰刃のその先へ』第三弾は

 

・第1十刃 コヨーテ・スターク

・第8十刃 ザエルアポロ・グランツ

・第9十刃 アーロニーロ・アルルエリ 

 

でした。

 

 

それぞれ、原作の設定の特徴を活かした良いデザインになっていて、BLEACH好きには嬉しいです。

 

ザエルアポロ・グランツは、元々『奇術師』をモチーフにした十刃です。

司る死の形は『狂気』。

 

虚圏の科学者でもある彼は、そんな変態的なキャラクターとしての魅力があります。

 

ザエルアポロの孔の位置と崩玉

f:id:inociel:20190904230248j:plain

"画像はBLEACH Brave Soulsより引用"

 

今回のオリジナル形態のデザインでは、毒々しさを残した、良い全裸姿になっています。

 

一見、角度的には下半身は見えません。

一見、布のような物で下半身は隠されているようにも見えます。

 

しかし、このザエルアポロは、全裸です。

 

オリジナル十刃は、元々の十刃の孔の位置に崩玉がデザインされています。

 

ウルキオラだと、胸。

グリムジョーだと、腹。

といったように、それぞれ孔の空いている位置が違う十刃達。

 

そしてザエルアポロ・グランツの孔の位置は設定上『亀頭』だそうです。

ですので、彼の孔はコミックス内では確認できません。

 

ということは、崩玉の描かれているこの部分に注目です。

 

f:id:inociel:20190904231317j:plain

"画像はBLEACH Brave Soulsより引用"

 

黒い尻尾の先端のように見えるここ。

ここに崩玉がデザインされているということは、尻尾ではなく『亀頭』ということになります。

 

左足に下半身が隠れるよう、ザエルアポロがポージングしている様に見えるイラストですが、実は思いっきり性器を露出してたんですね(笑)

 

必殺技とフォルニカラスの完璧な生命

f:id:inociel:20190904232214j:plain

"画像はhttps://www.youtube.com/watch?v=nq291eEpXhAより引用"

 

ブレソル内で必殺技を使っているところです。

 

コミックス内では、涅ネムに自分自身を孕ませ、生まれ変わるという奇抜なシーンがあります。

その際、自らを完璧な生命と豪語したザエルアポロ。

 

「私は完璧を嫌悪する」

と、涅マユリに一蹴され、そのまま殺されてしまいました。

 

しかし、オリジナル形態になって、より完璧な生命に近づいています。

 

必殺技の名前は『ラ・ビーダ・フォルニカラス』

 

崩玉を胸の亀裂から取り込んているような仕草ですね。

ゲーム内では、この必殺技を使うと死んでも蘇ることができます。

 

ついに、自分で自分を生まれ変わらせれるようになった。

といったところでしょうか。

 

ただ、崩玉のついているこの黒い長い物は、自分の性器だと思われるので結構すごい絵面です。

突き刺してますからね。

 

ちなみにビーダは、スペイン語の直訳で『生命』

フォルニカラスは、スペイン語の直訳で『姦淫』という意味です。

 

ザエルアポロの怪しさと変態感が良い

 

嬌声を抱いて

嬌声(きょうせい)とは、「女のなまめかしい声」という意味。

 

このキャッチフレーズから既にザエルアポロ感が出ています。

 

そして、布の切れ端の様な衣装で、下半身まるだしの全裸。

 

元の帰刃より、ハデでかっこよくなる『帰刃のその先へ』シリーズ。

ザエルアポロは元がハデだし、どうなるのかと期待していました。

 

そして、期待通りザエルアポロらしく、怪しさ満点になってくれました。

 

この全裸が、ザエルアポロらしさなんだと僕は思います(笑)

 

そして、部位が部位だけに、設定だけだった孔の位置が初めてイラストになりました。

コミックスの設定を活かしたデザインは、見ていて本当に楽しいです。

 

ご覧いただきありがとうございました。