しえるの部屋

BLEACHの考察記事や、ゲームのレビューなどが中心のブログです。

【転売の恐怖】Switch Lite、PS5は転売に耐えられるのか【体験談】

Switch Lite、PS5は転売に耐えられるのか

f:id:inociel:20190905220457j:plain

 

こんにちは、しえるです。

2年前は、ニンテンドーSwitchを手に入れるのに苦労したひとりです。

 


人気アーティストのライブチケットや、スポーツの観戦チケット。

そして、近年は人気ゲーム機にも広がっている「転売」

 

9月20日に、ニンテンドーSwitch Lite が発売されるとのことで、2017年の初代ニンテンドーSwitchの事を思い出しました。

 

ゲームソフトは、ダウンロードで買うことができるようになった時代。

しかし、ゲーム機本体はそうはいきませんよね。

 

Switch Liteは大丈夫そう。PS5は?

 

2019年9月初旬現在、ニンテンドーSwitch LiteはAmazonなどでも無事予約できる状態のようです。

 

おそらく流石にここから Switch Liteが絶滅ということはないかなと思っています。

 

新型のゲーム機とはいえ、既に出回っているSwitchの携帯型バージョンですしね。

逆に、Liteっているのか?という人もいるかもしれませんね(笑)

 

 

僕は、PS5が少し怖いなと思っています。

 

2020年に発売が噂されているPS5。

制作側が、そこそこな量を作っておかないとニンテンドーSwitchの二の舞になりそうな予感がします。

 

スイッチに比べて元値も高いと思われるので、転売の手にかかってしまうとどうなることやら…(怖)

 

2017年夏、ニンテンドースイッチを探した体験談

f:id:inociel:20190714031539j:plain

 

2017年、今と同じくスマートフォンのゲームが人気を得ている中でも、転売の惨劇が起こりました。

 

当時、僕自身も

「え、ニンテンドーSwitchってそんなに売れてるの!?」

と驚きました。

 

僕がスイッチを買おうと思ったのは2017年の夏。

スプラトゥーン2が流行っていた時です。

 

発売から3~4ヶ月が経っているのにも関わらず、スイッチを持っていない人が、スイッチを求め彷徨う世界。

 

任天堂が悪いわけではなく、Amazon等のネットでも、家電量販店でも、定期的に再販されていました。

 

しかし、ネットでは再販から数分で全部売り切れ!

家電量販店では、くじ引き形式にして配られる!

 

今の世の中なかなか見られない光景でした。

 

定価約3万円のニンテンドーSwitchは、5~6万で出回っており渋々購入するしかなかった人も多そうでした。

 

『本日どこどこのお店で約何台が販売される予定』

みたいなツイートをしてくれるTwitterのアカウントもありました。

 

今考えると全て懐かしいですが、転売が起こりすぎるとかなりの人が迷惑するという事が良くわかります。

 

結局、僕自身もお店のくじ引きに参加したりしながら、最終的にはAmazonでGETしました。

ちょうど、入荷した数秒後にチェックできた瞬間がありました。

 

探し始めてから1ヶ月以上はかかった覚えがあります。

 

2020年、PS5の行方は

 

さあ、2020年。PS5はどうなってしまうのでしょうか。

流石に大丈夫。と思いたいですが…

 

ゲーム機本体が在庫がなくなっても、やる人間がおらず転売屋の在庫になるだけ。

それでは、ゲームソフトが売れなくなるという二次災害に近い現象が起こるんですよね。

 

ちなみに、僕の好きなバンドのライブは転売禁止目的で、チケット提示の際に身分証明証を見せることになりました。

 

ゲーム機など、チケット以外の「物」に関しても何か製作会社さんから手を打ってもらえると、1番いいかもしれませんね。

 

ご覧いただきありがとうございました。