しえるの部屋

BLEACHの考察記事や、ゲームのレビューなどが中心のブログです。

【全74巻】BLEACHは20巻まで読めば一気にハマる【何巻まで読むか・あらすじ】

【全74巻】BLEACHは20巻まで読めば一気にハマる

f:id:inociel:20191018122847j:plain

こんにちは、しえるです。

僕がブリーチ(BLEACH)と出会ったきっかけは、友達からオススメされたことでした。

 

ブリーチを知らない友達から、よく言われる言葉があります。

「ブリーチって何巻まであるの?」

 

ブリーチは全部でコミックス74巻まであります。

74巻だよと伝えると、だいたい返ってくるのは

「多っ!興味はあるんだけど長いなあ」

 

という意見です。

 

たしかに、いくら有名で興味があっても突然70冊ものマンガを1から読む気にはならない人も多いでしょう。

 

しかし、ブリーチに興味がある人はまず20巻までだけ読んでみたら良い。

と僕は思っています。

 

ブリーチって何巻までが面白い?20巻を推す理由

20巻までだけ読んでみたら良いと言いましたが、これは

「20巻までしか面白くない」

という意味では決してありません。

 

何巻までかお試しで読んでみる際に、良い区切りが20巻であるという意味です。

 

主人公・黒崎一護はもちろんのこと、その周りの個性的なキャラクター。

そして、ブリーチという漫画の世界観が1~20巻までにギュッと詰まっています。

 

実際に僕も

「あぁ、なんかこのキャラ見たことあるなぁ」

と感じるのが多かったのはこの前半部分です。

 

話の区切りとして丁度いい

20というキリのいい数字ですが、これは巻数だけではありません。

ストーリー的にもキリがいいところです。

 

これから、ブリーチを手に取る方もいらっしゃるかもしれないので、あえて詳しくは言いませんが

「○○編」というような区切りとして、ちょうど20巻で終わるんです。

 

21巻以降は、敵キャラも変わっていきます。

 

名言が見どころ満載

「卍解」

「なん…だと…」

「チャドの霊圧が消えた」

「あまり強い言葉を遣うなよ 弱く見えるぞ」

 

こんなセリフを聞いたことがありませんか?

 

ブリーチのキャラクターのセリフは、かなり印象深いものが多く、ネタにされることが多いです。

(もちろんカッコいい名台詞もありますよ)

 

なんとなく聞いたことあったけど、ブリーチが元ネタだったのかと思えるセリフが沢山あります。

ちなみに、上記4つの名言も20巻までに出てくるセリフです。

 

パズドラ・モンストなどの影響

パズドラや、モンストなどの人気スマホゲームでは、まれにBLEACHコラボを開催してくれます。

 

そこで出てくるキャラクターのほとんどが、20巻までに登場するキャラクターです。

 

スマホゲームの製作者さんも、60~70巻くらいの新キャラクターを突然出すということは無いわけですね。

 

誰か分からないけど、ゲームで使った。

そんなキャラクターの元ネタを知ることができるでしょう。

 

ブリーチ21巻以降の魅力と、お得なまとめ買い

20巻までBLEACHを読んで好きになれたら、絶対に最後まで読んでみたくなると思います。

よくネット上でみるような名言はどんどん増えていくし、世界観も次々と広がっていきます。

 

 

多くの漫画において、

「何巻辺りが一番面白かった」

という意見は多々ありますが、それは個人個人の好みも大きいでしょう。

 

74巻あるから長いしいいや…と思うのは勿体ない!

もし、お試しで読むなら20まで読んでみたら良いですよ!という内容でした。

 

余談ですが、ちなみに僕自身は友達に進められた時に、74巻まで一気に読む気満々でした。

そして、せっかくだからと全巻まとめ買いしました。

 

新品じゃなくてもいい方は中古を選んでまとめ買いすると、圧倒的に安くておすすめです。

(1冊100円くらいのもあって驚きます)