しえるの部屋

BLEACHの考察記事や、ゲームのレビューなどが中心のブログです。

【まじ卍】卍、卍解ってどういう意味?地図記号と語源の関連は?【ブリーチ】

卍、卍解ってどういう意味?地図記号との関連は?

こんにちは、しえるです。

「まじ卍〜」と言ったことがない人間です。

 

女子高生などの若者の間で謎の流行りをみせている「まじ卍」という単語。

 

『卍』この文字を見ると、個人的にはやはりBLEACHの卍解が頭をよぎります。

 

もし、あなたがBLEACH好きなら、

「まじ卍!」より

「卍解!」と叫んだ数の方が多いのではないでしょうか?(笑)

 

そもそも、この漢字にはどんな意味があるのでしょうか?

 

卍(まんじ)の語源

f:id:inociel:20190930192109j:plain

 

辞書では、インド神「ヴィシュヌ」の胸の旋毛を意味する吉祥の印。とあります。

 

「ヴィシュヌ」はヒンドゥー教の "維持の神"

世界が悪の脅威にさらされ、混沌、破壊的な力に脅かされた時あらわれる神です。

 

2017年には、『JCJK流行語大賞』なるものにノミネートされている「まじ卍」。

 

流行語ではあるものの、まじ卍。という言葉は、特に決まった意味合いはなく

 

・なんとなくヤバイ

・なんとなく強い

・なんとなく凄い

 

といった曖昧なノリで使われるらしいです。

 

まさか、そんな言葉が崇高なるヒンドゥー教のヴィシュヌ神がモチーフの漢字だとは…驚きです。

 

ただ、人間の描く神様の存在は、今も昔も

なんとなく凄い

みたいなものではあるので、あながち漢字としての意味が通っているのかもしれませんね(笑)

 

まじ。と、まんじ。の語呂が合わさっただけではない、実は高尚な言葉だったのです。

 

仏教、地図記号、ナチス

f:id:inociel:20190930192134j:plain

 

日本では、「卍」は仏教を象徴する漢字です。

ゆえに、寺院の地図記号にも使われています。

 

仏教における「卍」にもヒンドゥー教と同じ様な、めでたい、幸せ、を意味するイメージがあります。

 

このように、世界各地で同じ様な印は歴史上作られているようです。

 

1番近年で似ている印象深い印は、やはりナチス・ドイツのハーケンクロイツ(鉤十字)でしょう。

日本の仏教を意味する「卍」を反転した形は、右まんじと呼ばれます。

 

1920年にナチ党のシンボルになり、1935年にドイツ国旗に使われました。

 

「卍」はかつてのナチス・ドイツのシンボルに類似しているとして、問題視される事が多いようです。

例えば、ドイツで徳島県の阿波踊りを披露する際には浴衣の「卍」を自粛したとか。

 

他にも細かいところだと、ポケモンカードに印刷されていた「卍」に対して抗議が入り変更されたりもしたのだそう。

 

確かに似ているのは仕方ないですが、日本では仏教と関連のある固有の文字。

幸せのイメージのある文字なので、

「似ていたら全部ナチス・ドイツ!だからダメ!」

ではなく、きちんと区別すべきかと個人的には思います。

 

ブリーチの卍解と「卍」

f:id:inociel:20190930192229j:plain

"画像はBLEACH 19 ジャンプコミックスより引用"

 

さて、漫画「BLEACH」には「卍解」という言葉があります。

個々の登場人物の刀が変化する設定です。

 

そこそこ皆使える「始解」にたいして、「卍解」は相当な力量をもつ者しか使えません。

 

「始解」という、刀の形が変わる設定の次の段階のネーミングを「卍解」にしたのは何故なのでしょうか。

 

BLEACHの卍解を使う人物たちは一貫して、和風テイストにデザインされています。

着ているものから、住んでいる町並みまで和風。

逆に、敵キャラは名前など、全体的に欧米をイメージしたデザインになっています。

 

更に「卍」は音読みが(マン・バン)であるように、元々は「万」にあたる漢字なのだとか。

 

つまり「卍解」は、和風・仏教をイメージしたもの。

かつ、全てに手を尽くしたという意味の万。単純な力量としての数値としての万。

色んな意味のこもった言葉だと思われます。

 

卍(まんじ)という言葉について、流行語やBLEACHのワードについて語ってみました。

ご覧いただきありがとうございました。